レーザー治療

痛みの少ない歯科用レーザー治療

小島歯科では最新のレーザー治療器を導入し、痛みの少ない治療や削る量を最低限に抑える治療、歯肉にやさしい治療に取り組んでいます。

レーザー治療はほとんど痛みを伴わないので、麻酔を使う回数が最小限で済み、多くの場合は麻酔を必要としません。
そのため麻酔を受けることに不安感をお持ちの妊娠中の方におすすめです。また出血や感染症を起こしにくいことから、歯周外科処置ができない糖尿病の方、抗血液凝固剤を服用している方にも安心して受けていただけます。
レーザー治療は幅広い分野で使われており、現在では歯の治療においても必要不可欠なものと考えられています。

レーザーによる口内炎の治療

レーザー治療において、特にご要望を頂くのが口内炎の治療です。多くの方が口内炎に悩まれており、従来は薬を塗って自然に治るのを待つしかありませんでしたが、患部に炭酸ガスレーザーを照射すると表面に膜が作られ、痛みと炎症が消えて治りも早くなります。一度レーザーで口内炎を治療された方は、瞬時に痛みが取り除かれる効果を身をもって体験されているので、その後再度口内炎を発症した場合にすぐに当院に治療を依頼されるケースが多くなっています。

レーザーで治療ができるさまざまな症例

レーザーで治療できるのは口内炎だけではありません。
穴が開かない程度の初期の虫歯は、レーザーで虫歯部分のみを除去してこれ以上進行させないように抑制します。
健康な歯を残すことができ、歯質へのダメージが少なくなります。深く進行して歯の根に達した虫歯には根管治療を行いますが、その場合にも根の内部の殺菌や炎症の抑制、歯肉の除去など、多くの場面で歯科用レーザーが活躍します。

歯周病治療においても、通常の歯周治療と併用して歯周ポケット内にレーザーを照射し、ポケット内の細菌を除去して炎症を抑えることで、大きな効果が期待できます。
その他にも抜歯後の止血など、さまざまなケースでレーザーが活躍し、患者さまの負担の軽減に役立っています。

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ※休診日 木・日・祝歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ※休診日 木・日・祝
    • cbtn_img02.jpgcbtn_img02_sp.jpg
    • お気軽にお問い合わせください Web予約はこちらお気軽にお問い合わせください Web予約はこちら