審美歯科

審美歯科で自信の持てる口元を実現

通常の虫歯治療では、歯を削った後の詰め物や被せ物として金属が使われます。
一般に「銀歯」とよばれるものですが、この銀歯は口を大きく開けた際に目立ちやすく、銀歯が見えることをコンプレックスに感じる方が多くいらっしゃいます。
また見た目の面だけではなく、経年によって金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こす原因になる点も問題視されています。

小島歯科では選択肢の一つとして白く美しい素材を用いた審美歯科治療もご提供しています。
健康保険の適用外になりますが、見た目や耐久性、強度を考えて精密に製作された差し歯や詰め物を選択することで、人前でも思いきり笑える、自信の持てる口元を手に入れることが可能になります。
審美歯科においては、見た目の美しさと機能面を両立した、患者さまにご満足いただけるワンランク上の治療を目指しています。

すぐれた歯科技工士との提携

質の高い詰め物・被せ物を作るためには、精密な型取りや精密な模型の製作など、一つひとつの段階を慎重に造形していく必要があります。

小島歯科では審美治療を専門とした歯科技工士と仕事を共に行うことにより、患者さまに応じた色や噛み合わせなどについて、より柔軟な対応ができるように努めています。
審美歯科治療に対する希望は患者さまによって大きく異なりますので、それぞれのご要望にしっかりと応えられるよう、実際に詰め物・被せ物を製作する歯科技工士を治療の場へと呼ぶことも多くあります。

彼らに直接患者さまの歯やお口全体を見てもらい、写真撮影やスケッチを行いながら、より精密で美しい、完璧な白い詰め物や被せ物をお作りしています。

小島歯科の審美治療でよく使われている素材

  • メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

    金属でできた被せ物の外部を白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。
    経年劣化で歯肉が黒ずみやすい点、金属を使うために金属アレルギーの方には向かない点がデメリットになりますが、強度があり、昔から多く使われている素材です。

  • イーマックス

    ニケイ酸リチウム(ガラスセラミックス)という新しいタイプのセラミック素材で、適度な硬さがあり天然歯を傷めることがありません。
    近年では虫歯を削った後に詰め物をする際にイーマックスを使うケースが増えてきています。

  • ジルコニア

    人工ダイヤモンドとも呼ばれ、セラミックの中でももっとも優れた審美性・耐久性を誇ります。
    「スタンダード」「スタンダード+色のせ」「スタンダード+陶材」の3種類をご用意しており、特にジルコニアにポーセレンを乗せたタイプは、天然歯のような繊細な色の再現が可能で、特に人気を集めています。

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ※休診日 木・日・祝歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ※休診日 木・日・祝
    • cbtn_img02.jpgcbtn_img02_sp.jpg
    • お気軽にお問い合わせください Web予約はこちらお気軽にお問い合わせください Web予約はこちら